Counter
      花のたね 三好達治

たまのうてなをきづくとも
けふのうれひをなにとせん
はかなけれどもくれなゐの
はなをたのみてまくたねや


…………………………………………………
                  一尊 
               春の訪れ
               優しき故郷の微笑み
               幸せの羽音
               ひとひらの花びら


ここマウスポインターを置いてください。

桜と雲雀 室生犀星雲雀ひねもす
うつらうつらと啼けり
うららかに声は桜にむすびつき
桜すんすん伸びゆけり
桜よ
我がしんじつを感ぜよ
らんまんとそそぐ日光にひろがれ
あたたかく楽しき春の
春の世界にひろがれ

ここをクリックして下さい。

 

    わすれなぐさ  ヴィルヘルム・アレント
   
   ながれのきしのひともとは、
   みそらのいろのみずあさぎ、
   なみ、ことごとく、くちづけし
   はた、ことごとく、わすれゆく。



           ↑ここをクリックして下さい
   

    
首夏      佐藤春夫

      −−−晩春首夏一時に到る感あり−−−

行く春の名残の空を
ほととぎす過りとよもし
背戸の山吹ふぢつつじ
落ち散る水に蛍とび交ふ



    *とよもす=なきしきる
 雨上がりの一時穏やかな昼下がり
  のんきなかたつむり這い出して…
 明日も雨かな…
         ↓ここをクリックして下さい                 そゞろあるき
アルチユール・ランボー  永井荷風訳(珊瑚集)

蒼き夏の夜や
麦の香に酔ひ野草をふみて
子みちを行かば
心はゆめみ、我足さわやかに
わがあらわなる額、
吹く風に浴
(ゆあ)みすべ。

われ語らず、われ思はず、
われたゞ限りなき愛
魂の底に湧き出を覚ゆべし。
宿なき人の如く
いや遠くわれは歩まん。
恋人と行く如く心うれしく
「自然」と共にわれは歩まん
          

ここをクリックして下さい
柿もみぢ  佐藤春夫
もみぢ葉の一夜の霜に
なごりなく地にちり敷けば
梢には実のみのこりて
秋ぞらは鋼に似たり

 
              
     静夜思   李白
牀前看月光
疑是地上霜
擧頭望山月
低頭思故郷
(訳)
静かなる夜の思い  李白  
牀前 月光を看る
疑うらくは是れ地上の霜かと
頭を挙げて山月を望み
頭を低
(た)れて故郷を思う       
オイゲン・クロアサン 上田敏訳
けふつくづくと眺むれば、
 悲 の色口にあり。
たれもつらくはあらたぬを、
なぜに心の悲める。


秋風わたる青木立
葉なみふるひて地にしきぬ。
きみが心のわかき夢
秋の葉となり落ちにけむ。
老女  ジョゼフ・キャムベル  佐藤春夫訳
(たふと)きところの
白き蝋燭のごとく、
かかるうつくしさは
年経たる顔なり。


冬の太陽の
使い果たしたる日ざしなり、
かくのごときは
旅路を終へし女なり。

血潮は身うちより去り、       
その思は静かなること
廃れたす水車が下の
水のごとし。
              

             ↑ここをクリックして下さい
   憂きことの
  なほこの上につもりかし
   限りある身の力ためさむ
        熊沢蕃山

                     

残りたる雪に交(まじ)れる梅の花、
早くな散りそ、雪は消ぬとも


意味: 残った雪にまじって咲いている梅の花よ、
雪が解けて消えても、ま だ散らないで。

作者:大伴旅人(おおとものたびと)



梅の花、香(か)をかぐはしみ、遠けども、
心もしのに、君をしぞ思ふ


意味: 梅の花の香りの良さに、遠く離れていますけど、
心はいつも、あなたさまのことを思っています。

作者: 市原王(いちはらのおおきみ)